BEAUTIFUL WORLD.

2007年 04月 09日 ( 1 )

positano,italia 10:00am

b0073798_113531.jpg


夕べ食事したリストランテを
翌日、のぞいてみた。

夕べは、しとしと雨がふっていていた。
テーブルの上には、
ビニールの仮設ルーフが取り付けられていて、
その下で、わいわいと食事をした。

南イタリアのリゾートでも、雨が降るんだな、なんて思った。

テーブルの上のキャンドルが、
庭一面に揺れていて、とてもきれいだった。

ルーフがあることで、雨がふったことで、
なんだかかえって、みんな盛り上がっているような気がした。

ドルチェが終わる頃、
地中海の断崖に重なるように建っている街の教会の鐘が、
すごく近くで、カラン、カラン、カランと大きな音で鳴った。

雨はもうやんでいた。
すると、その後、ドンドン、と音がして、
花火が上がった。
あたりの人たちから、歓声があがった。

帰りは、雨に濡れて、キラキラと光る
曲がりくねった坂道をのぼって、
タクシーをひろって、ホテルまで帰った。


翌朝は、からりと晴れた。

リストランテは、夕べのことなど、なにも覚えてないかのように、
鮮やかな花や緑に囲まれ、
今日の日射しをあびていた。

昨日のことなんて覚えていない、って
リゾートの基本だよな、と思った。





BEAUTIFUL WORLD
by ayu_transit | 2007-04-09 01:23