BEAUTIFUL WORLD.

espana,10:30am



ある旅行ガイドさんが、
お客をバスに乗せ、
バレンシアから、バロセロナまで、アテンドしていた。

山間部の高速の途中で、ふいに、乗客のひとりが
気分がわるくなったと言ってきた。

ガイドさんは、バスの運転手さんと相談して、
停められそうなところがあったら、すぐに停めることにした。

まもなく、小さな緊急停車エリアのような場所が見つかり、
そこで、しばらく休憩することにした。

ガイドさんは、ふと、その場所に、
小さなひと用のトンネルがあることに気づいた。
トンネルは、真っ暗で、どうやら、高速道路の反対側に出られるようだった。

ガイドさんは、暗がりの中をなんとかトンネルを進み、反対側に出た。
目の前は山で、草と樹と土と石しかなかったが、
かろうじて道のようなものがあることに気づいた。

その道をすこし分け入ってみることにした。
ちょっとした山登りになった。
ふいに目の前がひらけ、渓谷があらわれ、
しんと静まり返った目の前にこれがあった。










b0073798_23545017.jpg









BEAUTIFULWORLD
by ayu_transit | 2007-09-01 23:56