BEAUTIFUL WORLD.

sevilla,andalucia,espana 9:30am

b0073798_1203616.jpg


9月、午前中の早めなら、
まだ、風はひんやりしてる。

アンダルシアの太陽が威力を発揮するのはこれから。

セビリア。
黄金の塔。
棕櫚の樹の影が、
朝の風に気持ち良く揺れる。

まだ、日陰っている河沿いの遊歩道の上には、
覆いかぶさるようなジャカランダの樹。
ムラサキ色の花。

大陸を南下して、「イスラム」の近くに
来ているんだな、と感じる。

なぜだろう。
別のルールや常識があるからか。
ヒューマニズムを寄せ付けないからか、
「イスラム」に近づくと
ゾっとするような、ワクワクするような。。
つまり、血が騒ぐ。





BEAUTIFUL WORLD
by ayu_transit | 2006-10-17 01:35