BEAUTIFUL WORLD.

<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

mexico 13:30pm

b0073798_1545785.jpg



コルテス海は、暖流が流れ込んでいてあったかい。
だからいろんな魚がやってくる。

クジラもやってくる。

あつい昼下がり。
気持ちのいいプールに、
タプンタプンと浮かびながら、
クジラ来ないかなと、しばし眺める。

頭をからっぽにして、
クジラのことだけを考える。






BEAUTIFULWORLD
by ayu_transit | 2008-01-28 01:41 | Comments(2)

roma,italia,12:30pm

b0073798_045476.jpg



子供の頃、山梨の山のふもとで暮らしていたとき、
夕暮れの一面の稲穂の海の中を、
愛犬と一緒に散歩してる時とかに、
この空気とか、色とか、匂いとか、
まるごと全部残して置きたいっ、と強烈に思って、
でも、そのやり方がわからなくて、
無性にそわそわしていたことがあった。
たぶん、無意識のうちに、この瞬間って
もう戻ってこないんじゃないか、と思ってたからかもしれない。

大学の授業ではじめてマチスの絵をまとめて見たとき、
一枚の絵がとても好きになって、マチスを好きになった。
それは、夏の昼下がりの暗い室内の絵で、
小さく開いた窓の向こうには、激しい光があふれる夏の街が見えた。

その絵の暗い部屋の部分を見て、
ああ、この絵の中には、自分が大好きな、強烈な夏の光が、
まるごと全部とじこめられているな、と思った。
部屋の暗い部分を見て、夏のあの強烈な光をたまらなく感じた。

そして、こんな風にいつか、大好きな夏の光を残してみたい、と思った。


あつい夏のローマの路地で、
日陰に停まっていたフィアットのチンクエチェントを撮った。

ローマのことよりも、チンクエチェントのことよりも、
夏の光のことを考えながら撮った。


夏の光とか、雪の匂いとか、
夕暮れの稲穂の海とか、
感謝の気持ちとか、
謝りたい気持ちとか、
そんなものを、
なにかの方法で、なにかに焼け付けたい。
そうしたくてしかたがない。






BEAUTIFULWORLD
by ayu_transit | 2008-01-21 00:42 | Comments(2)

taolmina,sicilia,italia 14:00pm

b0073798_001235.jpg



シチリア、タオルミナの丘をのぼった先。
南の太陽と風が吹き抜ける断崖の上に
ギリシャ劇場がある。

紀元前にたてられ、
いまも、コンサートやバレエなんかを演っている。

生きてることを楽しむスケールがあまりにもでっかくて、
可笑しくなってくる。

舞台の中央のアーチからは、
はるか眼下のイオニア海沿岸が見える。
いわるゆる「借景」ってやつか。。

石の間から顔を出した草が気持ちよく揺れる、
円形劇場の階段に腰を下ろして、
アーチの向こう、はるか眼下の海岸を眺める。

あまりにも高低差があって、海の音はしない。

紀元前のアーチが切り取ったタオルミナの海岸は、
絵のようにそこにある。

まるで、なにかの舞台劇の背景のように。





BEAUTIFULWORLD
by ayu_transit | 2008-01-20 00:16 | Comments(2)

nice,cote dazur,france 7:00am



b0073798_1513640.jpg




雲、ひとすじでも、フランス。

ポール、一本でも、コートダジュール。


右往左往する自分とは無関係に
この世界は、シンプルで清々しい。





BEAUTIFULWORLD
by ayu_transit | 2008-01-17 01:55 | Comments(0)

Gare de Strasbourg,Strasbourg,alsace,france 6:50am

b0073798_27870.jpg


日が昇る前。
きりりと差し込んでくる冷気。
夜明けの美しい紺色の空。

はじめての駅。ここから、さらに、ローカルな街へ。
英語もフランス語もほんどわからない。
さっき、ずいぶん並んで、待って、切符を買った。
早やめに駅に着いてよかった。
切符をチェックする機械は壊れてた。
さっきやっと表示された列車の到着ホームはここでいいんだろうか。
座れるんだろうか、荷物は置けるんだろうか。

かばんには、昨日、大聖堂の前のいい感じの
おばちゃんの店で買ったプリッツェルと名産の甘い菓子パンが入ってる。


右も左も言葉もわからなくて、
何も保証されていない。

不安と緊張。
だけど、たぶん、楽しいと感じる余裕もないほど、楽しんでいる。
この感覚はやみつきになる。

何も保証されてなくて、
実績とか、経歴とか、まったく関係ない。

ドキドキする。

だから、はじめての駅で、乗る列車の
発着ホームを探す時って好き。

美しい夜明け前ならなおさら。

いつでも、こころが、ここに戻ってきて、
ここからはじめられたらいい、と思う。

鋭い冷気と、美しい空と、少しのパンと
不安と緊張と高揚感とともに、
はじめられたらいい、と思う。





BEAUTIFULWORLD
by ayu_transit | 2008-01-04 03:22 | Comments(4)