BEAUTIFUL WORLD.

<   2006年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

costa del sol,espana 18:30pm

b0073798_2315022.jpg

コスタ・デル・ソル。
スペイン、最南端。
ジブラルタル海峡や
モロッコはすぐそこ。

ミハスからグラナダへ行くバスの中から、
ぼんやりと外の景色を見ている。

夏の終わりの夕暮れの海岸。

どこかへ出かけていた馬たちが、
どこかへとぼとぼと帰ってゆく。


いつか、とてもとても遠く離れたどこかで、
いろいろと煮詰まってしまったり、
いろいろとへこんでしまった時も、
相変わらず、このジブラル海峡の近くの
夕暮れのコスタ・デル・ソルでは、
相変わらず、この馬達がとぼとぼ歩いているんだろうな、と思う。

そして、そう考えると、
ちょっとほっとする。





BEAUTIFUL WORLD
by ayu_transit | 2006-08-27 23:25

Hotel Santa Isabela,havana,cuba 9:00am

b0073798_23481431.jpg

オールド・ハバナの目抜き通りの終点。
ホテル・サンタ・イザベラ。

朝、窓の外から聞こえてくる
カフェの生バンドの演奏。
あ、これ、“Brasil”という曲だ。。

前日、クラブでライブが終わった後、
気持ちよく酔いがまわったまま、
クラッシックなアメ車のタクシーでここまで帰ってきた。

タクシーの運転手は、大音量でサルサをかけていて、
夜のハバナの街をぶっとばしてくれて最高だった。

こんじんまりとした
オールド・ハバナの上品なホテルで、
夕べの“サルサタクシー”のことを思い出しながら、
静かに朝食。




BEAUTIFUL WORLD
by ayu_transit | 2006-08-26 23:59

paris,france,18:30pm

b0073798_059162.jpg

色々な本は読んだかもしれないけど、
色々な建築は見たかもしれないけど、
この景色を見ていて、
中学生の男の子みたいに、

「やっぱ、エッフェル塔って好きだなあ」

と思った。

そう思えて、なんだか、うれしくなった。
なんだか、自由になれた感じがした。
好きに、教養も、資格も、評判も、プライドも、
ルールも、年齢も、見てくれも、へったくれもないしね。

エッフェル塔と、相変わらず美しいパリの空しかない世界に
投げ出されたような、
幸せな気分になった。



BEAUTIFUL WORLD
by ayu_transit | 2006-08-21 01:16

ohara,kyoto,japan 16:00pm

b0073798_23592445.jpg

ひんやりとした竹林。

風が吹いて、
いっせいに葉がさざめく音は、
波の音のようだと、思う。

気持ちまで
腰をおろして、
浮かぶ波の音を見上げる。





BEAUTIFUL WORLD
by ayu_transit | 2006-08-19 23:59

Temple de la Sagrada Familia,barcelona,espana 15:00pm

少年は、病気がちで、よく学校を休んだので
友達ができなかった。
だから、野原や森でひとりで遊んだ。
野原の草や蔦や花や、花に集まる蜂や、
指にとまるとんぼや、森の樹々や、
樹々からこぼれる木漏れ日のプリズムや、
樹々を揺らす風や、鳥や、岩や海や雲が友達だった。

少年は大人になって、
建築家になったけど、
野原の草や蔦や花や、虫や森の木漏れ日なんかが
モチーフだったから、
ずっと友達と一緒にいることができた。

歳をとった少年に、
街の真ん中に立てる教会の依頼が来たとき、
構造体のモチーフは、はじめから決まっていた。

伸びやかに茂げる森の樹々。

樹々は空高く駆け上がり、
枝をのばし、天井で葉を茂らせた。

教会のファサードには、樹々に集まる鳥の
彫刻をあしらえようと思った。
ステンドグラスもモチーフは、具体的な宗教画よりも
木漏れ日のプリズムや
植物の葉のつらなりのようなものがいいな、と思った。

晩年、少年は、この教会に住み込んで
建築の指示を出した。

たまたま市電にひかれて亡くなったけど、
年老いた少年は、
街の真ん中に、
世界の真ん中に、
自分の森をつくって、
死ぬまで、友達と一緒にいた。


b0073798_8323252.jpg




BEAUTIFUL WORLD
by ayu_transit | 2006-08-15 08:38

pangkor laut resort,malaysia 11:00am

b0073798_2337751.jpg

パンコールラウト・リゾート。
ベストビーチ100というのに選ばれた、
エメラルド・ベイで、しばし、まどろみ。

ひとつの島に、ひとつのホテル。

日本からは、まずクアラルンプールで一泊。
翌朝、島からメルセデスの送迎車が
迎えにきている。

そして、島へ渡る港まで3時間(!)
ライスフィールドを抜け、
パームツリーの森を抜け、
途中激しいスコールを抜け。
さらに港から、船で1時間弱。
たっぷりと時間をかけて、
水上ビラが浮かぶパンコールラウト島へ。

おすすめはオプションサービス。
島の裏側の無人の小さなビーチへ、
船で連れていってくれる。
クーラーボックスに、ぎっしりと入ったランチ付。
迎えに来てくれる時間を約束して、
それまでは、
ビーチ貸し切り。



BEAUTIFUL WORLD
by ayu_transit | 2006-08-12 23:53

taormina,sicilia,italia 8:30am

b0073798_1564076.jpg

シチリア島、
タオルミナ。

朝、飲んだ
ブラッドオレンジジュースの
血のような赤。

丘の上のギリシャ劇場から見下ろす
海の碧。

強烈な朝の光。

シチリア島、
タオルミナの
いつもの一日のはじまり。



BEAUTIFUL WORLD
by ayu_transit | 2006-08-04 02:19