BEAUTIFUL WORLD.

<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Hotel Caesar Augustus,capri,italia 7:00am

b0073798_1131172.jpg

ナポリの沖に浮かぶ
白く輝く島、カプリ島。

カプリには、2つ街がある。
ひとつは、カプリ、もうひとつは、アナカプリ。

アナカプリの断崖に立つこのホテルは、
窓の開口が天井からベッドの高さまで開いている。

だから夜は、ベッドに入って、
対岸のナポリの街の灯りがまたたくのを
眺めながら眠る。

朝は、ソレント半島から上る朝日を眺める。
銀色の海が、次第にコバルトブルーになっていく。

朝一番のナポリからの定期船が、
きれいなカーブを描きながら、
カプリの港、マリーナ・グランデに入っていく。
by ayu_transit | 2006-06-26 01:37 | Comments(4)

maubert mutualite,paris,france 21:00pm

b0073798_058055.jpg

カルチェ・ラタン、
ちょっとだけ借りたアパート。
ノートルダムや、
大好きなサンルイ島もすぐそこ。
キムリエンの裏手。

あちこち歩き回って、
アパートの前まで帰ってきて
見上げるこの風景が
なんともまた好き。

さて、部屋にたべるものは、
けっこうあるよね。
朝方、カルムのマルシェで
いろいろ買ったし、
フランプリでまとめ買いしたものも
まだまだある。

明日の朝のパンは、
朝、散歩がてらに、
ちょっと坂をのぼって、
カイザーで、
できたてのパンを買おう。
by ayu_transit | 2006-06-18 01:10 | Comments(6)

Ste-Chapelle,paris,france 10:30am

b0073798_23521751.jpg

サント・シャペルのようなゴシック建築の至宝に、
少し並んで、セキュリティーチェックを
受けるだけで入れるなんて、いい時代だと思う。

部屋の四面がステンドグラスと細い柱だけで、
壁がまったくない、ちいさなちいさな至宝の空間。
ルイ9世は、手に入れたキリストのいばらの冠を
飾るためだけにここを建てた。

彼は、何百年後かに、この場所に、
がやがやと観光客が入ってくることなど考えてもみなかっただろう。
ここは、きわめて特権的でプライベートで、
通りすがりの者などが、見てはいけない場所なのだ。

祭壇に近い木製のベンチに腰掛け、
しばらくの間、
見てはいけない至宝を見上げる。
by ayu_transit | 2006-06-17 23:59 | Comments(2)

cimetiere du montparnasse,paris,france 17:30pm

b0073798_233531.jpg

パリ、モンパルナス墓地。
サルトルやジーン・セバーグが
音も立てずに眠っているそばを通り、
セルジュ・ゲンズブールのお墓へ。
強力な自意識と、繊細さがバランスして生まれた
美しいメロディーが鳴り止んだ埋葬の日、
この場所にいたのは、ジェーン・バーキン、
シャルロット・ゲンズブール、カトリーヌ・ドヌーブ、
イザベル・アジャーニ、ブリジット・フォンテーヌ。。
頭の中では、なぜか、ずっと
「唇からよだれ」という彼の曲が鳴っている。

墓地を出て、並木道の、
背中で向かい合わせになったベンチに座る。
しばらくして、後ろにフランス人の中年のカップルが座る。
やがて、彼らは濃厚なキスをしはじめる。
好き勝手に生きたセルジュ・ゲンズブールが眠る
モンパルナス墓地前のベンチで、
中年のカップルが好き勝手に生きている。
いま、パリにいるんだなあ、と思う。
by ayu_transit | 2006-06-16 03:02 | Comments(4)

varadero, cuba,14:00pm

b0073798_095785.jpg

まさか、バラデロに来れるなんて
思いもよらなかった。

あのベニー・モレが
「いつかバラデロに行こう」と
歌ってた、その海岸に。

直線の白い砂浜が20km以上続く
世界で唯一のビーチ。

現実ってこんなところにつながってるんだ
と驚きながら、
ハレーションをおこしているような
カリブ海を眺める。

少しぐらいのことは、いくらでもやっつけて、
また、ここに帰って来よう。
by ayu_transit | 2006-06-12 00:14 | Comments(4)

casa batllo,barcelona,espana 17:30pm

b0073798_292635.jpg

カサ・バトリョで、はっきりと理解する。
ガウディの建築の特徴は、
その造形でも、色彩でもない。
あたりにただよう光だ。
天井の開口から降る光は、
抜けるように青いタイルに反射し、
その青い光が
さらに、水をかためたような
特殊な磨りガラスを通って、
幻想的な、いや、
現実的に海の中のような
ほころぶような光の粒子になって
空間に漂う。

これは、写真に映らないだろうな、
と思いながらシャッターをきる。
ここでしか会えない、
写真に撮ってもって帰ることのできない、
光の中にいる幸せを感じる。
by ayu_transit | 2006-06-05 02:21 | Comments(4)

eikando,nanzenji,kyoto,japan 9:00am

b0073798_824510.jpg

緑色に炎上するもみじ。
by ayu_transit | 2006-06-04 07:48 | Comments(6)