BEAUTIFUL WORLD.

casa de musica,hanava,cuba 12:30am

b0072051_845325.jpg




ライブがはじまった。

キューバ音楽は、ベースの音程が動き、
むしろピアノがベーシックな反復で
楽曲の土台となる。

前方ですらりと手足の長い、美しい造形の
キューバの男女がシンプルにドレスアップして、
いろっぽく、美しく踊っている。

それをぽかんと観ていたら、いつのまにか、
目のところから涙がどんどんどんどん
流れ落ちてきた。


“われわれは決して敗北しない”

っていうカストロの言葉を思い出した。


勝つのではない。
負けの状況かもしれない。
でも、敗北しない。
決して。


あの音楽のピアノのフレーズの反復は、
「もちこたえる」という意志そのものだ、
と思った。

もちこたえながら、音楽を信頼できる義足のように
使いきっているひとたちを目の前で観ながら。




音楽は、お茶をのむときにそえるものではなくて、
もちこたえるときの甘美な武器なのかもしれない。




なにが、正しくてなにがほんとうなのかは、
よくわからない。

ただ、わたしは、キューバから
決して敗北しない、
っていう意志と、
美しい肉体のダンスの残像を
持って帰ってきた。




BEAUTILFUL WORLD
by ayu_transit | 2010-02-13 07:27